メールマガジン

最新の記事

2017/12号

路地から昭和が立ち昇る「けんか祭り」のお膝元

(姫路市飾磨区妻鹿〜白浜町)




 前回に引き続き、姫路の「昭和レトロ」シリーズ第2弾をお届けしたいと思うが、今回は全国的にも有名な「灘のけんか祭り」のお膝元である妻鹿(めが)と白浜地区。「路地から昭和の匂いが立ち昇る」一画である。

 妻鹿は正式の地名は姫路市飾磨区妻鹿。市川の河口にできた三角州上に発展した、古くから漁業が盛んだった町で、大正時代には魚市場が創設されている。

 位置的には山陽電鉄妻鹿駅の南側一帯で、ぎっしりと人家が集中し、車がようやくすれ違うことができる幹線道路を除けば狭い路地が迷路のように伸びていて、しかも大半が古い木造民家なので、昭和のあの時代にタイムスリップしたような錯覚を覚える。

 その中でも、旧妻鹿村役場(現自治会館)のレトロな洋館、その周辺に甍を連ねる趣のある数箇寺の寺院、「さかなや」というユニークな店名の魚屋、かつての網元・廻船問屋だったという旧家の住宅、江戸時代から今に残る姫路藩の「固寧倉」(義倉の一種)、いかにも長屋然とした平屋の住宅などは見た目にもどこか懐かしく、ホッとしたものがこみ上げてくる。

 ついでながら書き添えておくと、山電妻鹿駅の北側には地元で「チクゼンさん」と呼ばれている黒田官兵衛の父・職隆の墓所や、羽柴秀吉に姫路城を差し出した官兵衛が職隆と移り住んだと伝えられる国府山城跡がある。


 妻鹿から一度国道250号に出て、東に進むと白浜町で、国道から離れて旧道を進んでいくと秋季例祭の「灘のけんか祭り」で知られる松原八幡神社に出る。

 こちらも先ほどの妻鹿と同様、随所にレトロ感があふれる町で、通りには古い民家や寺院、手作り味噌の老舗、酒屋などが軒を連ね、一歩路地を中に入ると白い蔵が建つ民家や、「売家」の看板が出ている格子戸に重い瓦葺き家があったりする。妻鹿に比べ比較的新しい家もあるが、やはりそこかしこから「昭和」の匂いが立ち昇っているのである。

 旧道が行き着いた先に松原八幡神社がある。社伝によれば天平宝宇7年(763)の創建で、豊前の宇佐八幡宮から分霊を勧請したと伝わるが、延宝7年(1679)に建立された風格あふれる楼門(市指定文化財)や、享保3年(1718)に造営されたと伝わる社殿、それに御神木の樹齢500年という大イチョウなど、撮影スポットも数多く、いろんな場面設定ができそうである。

姫路へ行こう!今月の話題はこれ

冬はイベントが盛りだくさん!〜冬のイベント情報〜




〜姫路駅北キャンドルガーデンクリスマス2017〜

 くつろぎとにぎわいの空間を提供する姫路駅北にぎわい交流広場にて、女性目線で企画したクリスマスイベントが行われます。
 芝生広場もクリスマス仕様に装飾され、クラシカルでヨーロピアンな空間が演出されますので、大切な人と素敵な時間をお過ごしください。

☆イベント内容☆

<クリスマス装飾・演出> 
期間:平成29年12月2日(土)〜25日(月)
内容:
大型リースオブジェ「永遠の愛」&フォトブース「幸福の扉」の設置
キャンドルオブジェ「希望の木」、LEDボール「癒しのせせらぎ」の設置 

<キャンドルガーデン点灯セレモニー>
開催日:平成29年12月15日(金)、16日(土)17時45分〜
内 容:
点灯イベント参加者先着100名に姫路レザー3色のブレスレットを無料配布
キャンドルオブジェ「希望の木」への点灯とともに「癒しのせせらぎ」(LEDボール)が点灯
❤H30年中に結婚予定のカップル各日2組がメインキャンドルに点灯 
※応募が必要となりますので、詳しいことは主催者へお問い合わせください。

<フライングクリスマスパーティー」> 開催日:平成29年12月16日(土)13時〜20時
内 容:
クリスマスマーケット、クリスマスワークショップ
クリスマスライブ(POPS,JAZZ等)
※12月2日〜25日にかけて充実したクリスマスイベントが日替わりで開催されますので、是非、お越しください。
【お問合せ先】 姫路市産業振興課 TEL 079-221-2452


〜おもてなし講演会のお知らせ〜
 フリーアナウンサーで活躍された桑原征平さんを招き、姫路商工会議所の大ホールにて講演会が開催されます。
講演者:桑原征平氏
日 時:平成30年1月30日(火)14時〜15時30分
    ※13時45分から受付開始
場 所:姫路商工会議所 大ホール
定員:250名
参加費:無料
内 容:征平の世界旅行記 〜50ヶ国を旅して〜
 講演では、アナウンサー業の仕事の厳しさ、辛さ悲しみを語りつつも、一転して爆笑を誘い、豊富な海外取材で痛感した「人権尊重」「命の大切さ」「地球環境問題」など、具体例を紹介しながら独自の視点で熱く語られます。
申 込:下記のWEBサイトから申込書を印刷して頂き、必要事項記入の上、FAXにてお申込みください。
締切り:定員250名になり次第、締め切ります。
【お問い合せ先】(公社)姫路観光コンベンションビューロー
 TEL:079-222-2310  FAX:079-222-2410
WEBサイト:ひめのみち URL:http://www.himeji-kanko.jp/

前のページへ戻る

新着動画

Copyright(C) 2001-2016 Himeji Film Commission. All Rights Reserved.