メールマガジン

最新の記事

2018/12号

見どころたっぷり。木造建築の粋を集めた姫路文学館の「望景亭」

(姫路市山野井町)




 姫路文学館の奥まった一角にある、贅をつくした感が漂う国登録有形文化財建造物の「望景亭」。この建物は市内の実業家濱本氏の別邸として、大正5年から昭和4年まで約13年の歳月をかけて建築されたものの一部だそうで、濱本氏の後には陸軍姫路師団の連隊長として着任した皇族・賀陽宮恒憲殿下が住まわれたこともあるなど、姫路の迎賓館的な意味合いのあった建物のようだ。市の所有になった昭和33年から同51年までは「男山市民寮」の名のもと、結婚式場として市民にも親しまれた。

 その後、昭和62年に市民寮の跡地に姫路文学館が建てられることが決まり、元の建物の西側約3分の1を残して和室、茶室、唐破風の玄関を修復整備。文学館の付属施設として生かすことになったという。

 大きな唐破風の玄関から中に入り、映像に捉えておきたい、まず1つ目が茶室。廊下から茶室に向かうと正面に派手な色彩の板戸絵(望景亭には計8面ある)が待ち受けており、右手にあるのが水屋と8畳の茶室。障子の引手、網代天井、トコ脇前の船底天井など見るみるべきところが多い造作の〓粋〓を集めた和室で、開口部が広くとられているので庭園を望む風情も申し分ない。大正から戦前ぐらいまでの富裕層のお茶席という設定ができそうだ。

 茶室から廊下を渡っていくと二間続きの広い和室に出る。18畳の座敷に12畳の次の間を並べた豪勢な部屋で、奥の座敷に本格的な床の間を設えた書院建築になっている。昔の職人たちの意気込みだろう、襖の引手や欄間、書院の障子、長押など洒落た細工物が随所に見られ、これまた戦前の富裕層のお座敷と見ることができる。ここも庭園がゆったり眺められるようガラス戸がはめられているのだが、古い時代の国産ガラスらしく表面に歪みもあり、レトロな和の空間を形づくっている。

 このほか、映像的に面白いと思ったのが広い応接間。平成の修築時に増築された洋室だが、他の建物と違和感のないようシックな趣に造られており、戦前の会議の場面などにも使えそうだ。

 以上、建物の内部をざっと見てきたが、池泉が設けられ、腰掛待合もある緑豊かな庭から眺める和室や茶室、応接室にも味わいがある。また、建築当時のまま移築されたという裏千家十五世千宗室氏が揮ごうした「望景亭」の扁額が掲げられた棟門も見どころの一つだと言えるだろう。

姫路へ行こう!今月の話題はこれ

冬はイベントが盛りだくさん!〜冬のイベント情報〜



〜HUGPHOTO×シアワセマルシェ〜
「HUGPHOTO×シアワセマルシェ」は、愛・笑顔・シアワセを皆でシェアするイベントです。
 今回は『クリスマスチャリティーイベント』の一つとして開催されます。
 姫路・書写住宅展示場が会場となっており、フードコーナーや体験・ワークショップなどが数多く出店されますので是非、ご参加ください。
【開 催 日】平成30年12月15日(土)10時〜17時
【開催場所】姫路・書写住宅展示場/積水ハウス
      姫路市書写畑林634-13
【内  容】見て・感じて・食してをテーマに「思い出になる」仕掛けがたくさんの体験型イベントです。
※収益金の一部は児童養護施設に寄付されます。
URL: http://shiawase-marche.com/petit_marche
【主 催 者】HUGPHOTO×シアワセマルシェ実行委員会
【お問い合せ先】info@kiseki-project.com

〜小泉八雲朗読のしらべ「転生」〜
 「耳なし芳一」「ろくろ首」「雪女」などの作品で知られる作品で知られる作家ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が最も愛したまち、島根県松江市出身であり、高校時代の同級生でもある俳優・佐野史郎さんとギタリスト・山本恭司さんがお届けする朗読パフォーマンスです。
小泉八雲の曾孫・小泉凡さんによるレクチャーも併せてお楽しみください。
【開催日】 平成30年12月16日(日)           
【開催時間】午後15時30分開演 
      ※開場は開演の30分前になります。      
【開催場所】姫路キャスパホール
      姫路市西駅前町88 キャスパ7階
【入 場 料】一般:4,000円、高校生以下:2,000円
【主 催 者】公益財団法人 姫路市文化国際交流財団
【お問い合せ先】姫路キャスパホール 
        Tel:079-284-5806



〜シクラメン展〈手柄山温室植物園〉〜
 近年注目されている原種シクラメンから最新品種まで、50種200点以上を集め、ひと足早いクリスマス気分をお届けします。期間中の日曜日には「ミニ講習会」も実施しますので是非、ご参加ください。
【開 催 日】 平成30年12月2日(日)〜平成30年12月25日(火)
【開館時間】 午前9時〜午後5時まで(入園は午後4時半まで)
【開催場所】 手柄山温室植物園(姫路市手柄93番地)
【入 園 料】 入園料 大人200円、6歳〜中学生100円、30名以上団体割引有り。
姫路市立水族館の当日半券や、JAF会員証の提示で、団体料金になり
ます。なお「高齢者福祉優待カード」、「障がい者手帳」「どんぐりカ
ード」「ココロンカード」の提示で入園無料。
【お問い合せ先】手柄山温室植物園
        Tel:079-296-4300

前のページへ戻る

新着動画

Copyright(C) 2001-2016 Himeji Film Commission. All Rights Reserved.