1. トップ
  2. 官兵衛について

官兵衛について

官兵衛の人となり

官兵衛生まれる

黒田家は官兵衛 の祖父・重隆の代に姫路に移り住み、秘伝の目薬を広峯神社のお札に付けて売り、大きな財を蓄えました。その後、播磨の有力豪族であった御着城の小寺氏の家臣となり、姫路城代を任されます。「姫路城史」 によれば、その時代にも現在の姫路城と同じ場所に、官兵衛の祖父・重隆と父・職隆が築いた小さな城があり、官兵衛はそこで1546年(天文15年)11月29日に誕生。その日は一面の雪景色だったと「黒田家譜」は伝えています。官兵衛は、その聡明さが早くから認められ、弱冠16歳で禄高80石と破格の待遇で近習に、22歳で家老となりました。

秀吉を天下人へ導く

大きな転機となるのが秀吉との出会いです。

播磨の豪族が、毛利方、織田方のどちらに付くかで揺れ動く中、織田方に付くよう主君を説得。

信長の命で秀吉に従うこととなった官兵衛は、毛利攻めに向かう秀吉に姫路城を献上しました。それ以降、秀吉の懐刀として、播磨平定や中国攻め、四国・九州征伐など、数々の合戦で名をはせます。中でも、備中高松城を水攻めしている時、本能寺の変により信長の死去が知らされ、肩を落とす秀吉に、今が天下取りのチャンスであると進言し、中国大返しを実現させました。これらのエピソードからも、時代を見通す慧眼の持ち主であったことがうがかえます。

また、戦国時代にあって、人の命をむやみに奪うことを嫌った官兵衛は、実戦だけでなく数々の戦で折衝にあたります。その中で、説得に赴いた有岡城で1年以上の間、土牢で幽閉されたことも。それでも秀吉を裏切らず忠義を貫いた、信念の人でした。

各地の戦陣で活躍した官兵衛は、1587年(天正15年)に秀吉の九州征伐の論功行賞で豊前・中津(大分県・中津市)へ移ります。黒田家筑前52万3千石の礎を築き、59歳でこの世を去りました。

黒田官兵衛の生い立ち

1546
官兵衛誕生(幼名・萬吉)
1561 主君・小寺政職の側近となる
1562 初陣 元服し、官兵衛孝高となる
1567

志方城主・櫛橋氏の娘(光姫)を娶る。家督を継ぎ、姫路城主となる

1568 嫡子・長政(幼名・松寿丸)誕生
1575 小寺政職を説得し、織田信長に帰属することを決める
信長より名刀「圧切」を賜る
1576 英賀で5千の毛利軍を5百の兵で退ける
1577 秀吉に姫路城を提供する
1578 摂津国有岡城主・荒木村重が信長に謀反

単身説得にあたるも幽閉される

1579 有岡城が落城し、救出される
1580

国府山城に移る

1万石の大名になり、山崎城を居城とする
1582

秀吉に従い、備中平定に出陣。

中国大返しを進言

1583

大阪城築城の縄張りをする

キリスト教に入信(洗礼名・シメオン)

1587 豊前国六郡12万石を拝領。
1589 家督を長政に譲り、隠居。如水と名乗る
1590 小田原討伐にて北条氏との講和をまとめる
北条氏直から名刀「日光一文字」を贈られる
1600 関ヶ原の合戦で東軍に属し、
九州にある西軍の城を次々と攻め落とす
1604 伏見屋敷にて死去

ページの先頭へ戻る