1. トップ
  2. 観光コンベンションビューローとは

観光コンベンションビューローとは

財務情報(PDF)

名称

公益社団法人姫路観光コンベンションビューロー

事務所

姫路市本町68番地

理事長

尾上 壽男(姫路商工会議所顧問)

経緯

昭和22年3月24日
姫路観光協会が任意団体として発足
昭和48年3月31日
社団法人姫路観光協会として設立発足
平成13年9月5日
姫路フィルムコミッションが任意団体として発足
平成16年4月1日
姫路コンベンションビューローが任意団体として発足
平成18年4月1日
社団法人姫路観光協会、姫路コンベンションビューロー、姫路フィルムコミッションが組織統合し、社団法人姫路観光コンベンションビューローとして発足
平成25年4月1日
社団法人から公益社団法人に移行し、名称を公益社団法人姫路観光コンベンションビューローとする

目的

姫路市における観光事業の振興とコンベンションの誘致、開催支援及び市内外の映画、テレビ等のロケーション撮影の誘致に積極的に取り組み、もって、地域経済の活性化、市民文化の向上を図り、国際観光都市・姫路の構築に寄与することを目的とする。

事業

  • 観光及びコンベンションの調査及び研究並びに企画
  • 観光及びコンベンション情報の収集及び提供
  • 観光客の誘致及び観光宣伝並びに観光事業の指導、育成
  • 観光客の受入れ及び観光関連施設の整備、運営
  • コンベンションの誘致、開催支援
  • 映画、テレビ等のロケーション撮影の誘致、支援
  • 姫路市からの委託による事業及び施設の管理運営
  • その他本ビューロー目的を達成するために必要な事業

役員数

理事長1名、副理事長2名、専務理事1名、常務理事1名、理事18名、監事2名、計25名

国と特に密接な関係がある」特例民法法人への該当性について(公表)

「国家公務員法等の一部を改正する法律(平成19年法律第108号)による改正後の国家公務員法(昭和22年法律第120号)第106条の24第1項等に関する特例民法法人に対する指導指針について」(平成20年12月25日特例民法法人に関する事前届出に係る関係府省申合せ)の実施に伴い、標記の件につきまして公表します。PDFファイルをご参照下さい。

ページの先頭へ戻る

>